ピアノを買わなくちゃダメ?

片手で音符を読む練習をするためのトレーニングレッスンなど初歩のメソッドであれば、2オクターブ半程度の鍵盤楽器があれば大丈夫です。

両手でのメソッドを進めていくのには、生のピアノ(環境的に難しい場合は電子ピアノ)が必要です。

クラシックの曲の場合、タッチや曲想を指導するにあたって生のピアノがないと、強弱や音色を追及することが難しくなります。

が・・・かなり弾けるようになっても、生のピアノを購入するのが難しい。電子ピアノで頑張って弾いているというお子さんが多いです。

「電子ピアノと生のピアノでは全然違う」ということを子供たちが体験し、「電子ピアノ」では不満足という感覚を養えたらいいなと思っています。

将来、大人になって自分のピアノを持とうというときに「生のピアノ」を選択してもらえたらなと思います。

ピアノは生楽器でなくても、できるならば・・

アコーディオンでもいいし、ギターでも、管楽器でも、リコーダーでも、ハープでも・・

何か、生の楽器を奏でることはしてほしいと思います。

肉体のちょっとした力加減や、意識のあり方で、音色が変化すること、奏でること。「表現」とはどんなことなのか。伝えられたらなと思っています。